top of page
診療時間.jpg

*土曜日は昼休みなしで14時まで*木曜午後、日曜・祝日は休診

お知らせ

      

(緊急)

*院長の緊急入院により下記の体制で診療を行います。代診の先生による診察は火曜の午前中、木曜の午前中のみです37.5℃以上熱がある方の診察はできません。インターネット、電話予約はできません。8:30から来院順に受け付けを行い、予定人数になりましたら受付を終了させていただきます。

(更新日2024.2.25)

*休診日 3/21(木).22(金).23(土)

 

(月)9:00-12:30, 14:30-18:00

ネブライザー、お薬のみの処方

(火)9:00-12:00(受付は早めに終了する場合があります)

熊大の先生による代診

14:30-18:00

ネブライザー、お薬のみの処方

(水)9:00ー12:30,14:30-18:00

ネブライザー、お薬のみの処方

(木)9:00-12:00(受付は早めに終了する場合があります)

熊大の先生による代診

 

(金)9:00ー12:30,14:30-18:00

ネブライザー、お薬のみの処方

(土)9:00-14:00

ネブライザー、お薬のみの処方

*アレルギー情報

スギ花粉の飛散が始まりました

1/14頃から、当医院の屋上でもスギ花粉の飛散が認められるようになりました。これから本格的なスギ花粉のシーズンとなります。症状がひどくなる前に早めの受診をお勧めします。外出時はマスクや眼鏡をかけるなどの花粉対策も行ってください。

0013_edited_edited.png

 

*アレルギー検査について

 

当院では次のアレルギー検査をおこなっています。

(いずれも保険適用です。子どもさんの場合は、ひまわりカード等の公費が使えますので、お気軽に受付にお尋ねください)

1.当日採血して数日後に結果がわかる血液検査(当日お申込みできます)

医師の問診により検査項目を決定し、当日採血し数日後に結果をお渡しします。

2.アレルギー問診票を提出→翌日以降に血液検査→数日後に結果がわかる検査

(予め問診票の提出が必要です。問診票を医院に取りにこられて、記入後提出なさるか、下記よりダウンロードしてメールで送信していただくことも出来ます)

一番手間のかかる方法ですが、アレルギーの原因を探るにはこの方法をおすすめします。予め医師が問診票に目を通すことで必要な検査項目を把握し、検査後は患者様それぞれに応じて医師が作成したアレルギー診断表をお渡しします。アレルギー診断表は無料ですので、検査費用は1番の血液検査と変わりません

 

 

 

*アレルギー問診票の提出方法

上記の問診票をダウンロードして受付に直接提出なさるか、FAXまたはメールで受け付けております。提出なさった翌日から血液検査が可能です。検査結果は数日後にわかります。併せて院長が患者様それぞれに応じて作成したアレルギー診断表をお渡しいたします。(木曜午後、土曜午後、日曜に提出なさった場合は翌日の検査が出来ない場合があります。必ず受付にご確認ください)

FAX:096-368-2553

E-Mail:unojibika0224@yahoo.co.jp

3.約20分で結果が分かる簡易迅速検査(当日お申込みできます)

スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、ダニ、ネコ、イヌ、ゴキブリの8項目固定で検査。指先からごくわずかな血液を採って調べます。結果を約20分後にお渡しできますので、お忙しい方におすすめです。なお、検査をご希望の方は結果がでるまでに時間がかかりますので余裕をもってご来院ください。*抗体(アレルギーを起こす物質に対反する反応)が少ない場合、まれに何も反応が出ない場合があります。

​簡易迅速検査のHPもご覧ください

https://www.thermofisher.com/diagnostic-education/patient/jp/ja/importance-visiting-doctor/point-of-care.html

​*電話・インターネット予約のご利用方法

予約には診察券番号が必要です。パスワードは生年月日の月日4桁です(例:8月17日→0817)初診の方、診察券を無くされたり、以前かかった事があるかわからない方も電話番号で予約をお取りできます。

​*一般診察の問診票をご自宅でゆっくり記入されたい方はこちらからダウンロードしてください

宇野先生バナー.jpg

 *舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)について

​ アレルギーの原因となるものを、少しずつ舌下内服する事でアレルギー体質を根本的にかえることができる治療法です。アレルギーの根本的な治療をお望みの方におすすめです。スギ花粉症の方は花粉症の季節ではない6月~12月が舌下療法を初める絶好のタイミングです。ダニアレルギーはいつでも始めることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

HP 待合室 コロナ対応2.jpg
S__16285708.jpg
S__16285710_edited.jpg

​待合室が密にならないように外でもお待ちいただけます

S__14704658.jpg

 

​階段にはリフトが設置してあります。

S__14704647.jpg

現在プレイルーム​は、感染予防の為、絵本とおもちゃの設置をしておりませんが、小さなお子様がくつろげるスペースとなっています

0029.jpg

​緑に囲まれた建物です

bottom of page